2013年1月31日木曜日

今週の一枚 CAGE9「How To Shoot Lasers From Your Eyes」

 このバンドは「Chaos Morning」という

日本独自企画のアルバムに収録されているPlanet Me」という曲が抜群に良くて。

あまりこういう言葉を乱発せえへんほうがいいんやけど、ま、はっきり言うと名曲でして。

 

ただ、その曲の印象が強いまま、

以降のアルバムは特に聴くことなく流してたんやけど、

たまたま店の視聴機に入ってる

去年の末に出たというこのアルバムを聴いてみたら、

ええやん、となり。

 

ロックであり、現代音楽でいうパンクでもあり、

ちょっと前に言われていたエモっぽくもあり、たまにグランジの要素も出てきたり。

 

ようするに大音量で聴きたいどストレートなロックソング。

 

中でも#1の即効性は際立ってる。

あえて言いきるけど、「Planet Me」に匹敵する!

 

否応なく体を動かしたくなる躍動感。

噛みつく勢いやけどメロディの歌いあげを忘れないヴォーカル。

二番のAメロの変化なんかも、思いっきり聴き手をくすぐってくれて、めちゃめちゃ格好いい。

 

そこから#2っていう流れがまたええのよね。

#1よりも普遍的なロックで、

メジャー進行のサビから大メロの展開はお約束ながらもたまらんね。

こういうのは運転中にがっつり流していたい。

 

他にもイントロを含めてギターが冴えてる#3とか、

不穏なAメロと耳になじむサビが印象的で、なぜか何度も聴いてしまう#4、

思いっきり王道アメリカンロックバラードの#8、攻撃的な音から聴き手をはっとさせるフックの効いたサビ#9、

あたりが好物。

 

たまたま見つけたにしては購入以降、しつこく聴き続けているので、

今週の一枚に取り上げ。

 

でもひとつだけ文句を言いたい。

 

このアルバム、歌詞・対訳・解説はウェブサイトを参照とのことです。

 

「続きはウェブで」がここまで波及したのか的商品は、売り方としても有り方としてもどうなん?って思わずにはいられない。

 

そのかわり\1,500という価格を考えると、これはこれでありなのかなとも思うけど、

輸入版CDの中にはブックレットがどえらくおざなりなのもあったりしてそろそろ慣れつつあったりもするけど、

なんかやっぱり物足りへんなあ、というのも本音。

 

中身がものすごくいいだけにね。