2013年2月21日木曜日

たまには独り言を

まずは長編の執筆状況について、自分のための記録もかねて。
 
2012年末に渡していた長編は担当編集氏の反応かんばしくなく、
とりあえず保留ということに。
 
編集氏からの反応で、第一声に「おもしろかった」が出てこないと、
世に出してもけちょんけちょんに叩かれるだけやからね。
 
その長編は昆虫擬人化もので、
自分にとって重要なアイデアやから、
いつかそれを基に改稿して勝負したいなと思っているけど、
とりあえずは横に置いておこかな、という結論に。
 
同時進行中の短編は、
担当編集氏からの第一声が「いやぁおもしろかったです」なので、
さらに書籍の担当編集氏からも大事に育てていきたいという言葉をいただいているので、
きちっと仕上げるつもり。
 
発表に向けての道程はまったく決まっていなくて、
いつ出せるのか、そもそもこの形で出せるのかという不安はあれど、
編集氏からの第一声を忘れず、
完成度を高めていこうかと考えています。
 
終わりがまったく見えない状況での作業は、きっついけどね。
 
仕事関連では、
三月になったら小さめのものについてツイッターなどでつぶやけるかな。
こっちの仕事は、何とかして次につなげたいなあ。
 
もう一社、声をかけていただいているので
具体的な企画を提案できるように今からいくつか仕込んでおかにゃ。
せっかく読んでいただいて、声をかけてくれたんやから、
命がけで取り組まんとバチがあたる。
 
ノートパソコンは、
SSDは見送ってHDDを新たに搭載することで決定。
現在の主流が、32MBのSSDをキャッシュ用にして記録領域はHDDでというハイブリッドなので、
ということはSSDは記録媒体としての信用度にまだまだ問題があるんかな、と考え、
7200rpm、500GBのものに。
 
それまで搭載していたのが5400rpmなので、
回転数があがり、さらに4Kセクタになることで書く速度もあがって
Cubaseの動作も安定するかなと期待。
うまくいけば外での歌録りが楽になるかな。
今までがきつかったし、換えたいなと思っていたから、いい機会と言えなくもないか。
 
しかし、あれやね。
困ったもんで低反発のパソコンケースって、
思うほど低反発ゆえの恩恵はあれへんのね。
全然衝撃を吸収せず、ちょっと落としただけやのに一撃でクラッシュするんやもん。
 
ということはそういうことなわけで、
故障の原因は酒飲んだあと、そうや推敲しとかな、とノートパソコンを手に取った際にばっちり落としたのが原因です。
困ったもんなのは俺自身やったりします。
 
それと、仕事とはまったく関係ないけど、
この雑記で音楽についてだらだら書いていたら、
香港のレーベルなのかな、今度こういうアルバム出すから聴いてみて、といった趣旨のメールが来て、
プロモ用のデータなどをもらいました。
 
マスメディアに扱われない作品のプロモーションやからって、
影響力もアクセス数もあれへんウェブサイトの管理者にまでアプローチする草の根っぷりは、
なんというか、必死やなぁと思うんやけど、
俺こそ必死になって草の根のプロモをやらなあかん立場やからね。
がんばらななあと気持ちをひきしめた次第。
 
で、その音なんやけど、
もうこれが、キワモノ好きのマニアの心をくすぐるメタルっぷりでして。
発売は3月29日らしいので、
まず間違いなく日本盤が出ることはないやろうけど、
来月あたりに雑記で取りあげるつもりです。
 
最後に、さっき入ってきた飯野賢治の訃報について。
 
突然のことに言葉が出てこないというのが本心。
Dの食卓は、「夢見館」のシステムが好きやったから楽しめたし、
エネミーゼロは、FPS全盛の今こそ出すべきやったんちゃうのと思ってしまうし、
Dの食卓2は、物語とかエンディングにいろいろと問題はあったけど、
雪山の表現とかタイトル画面の音楽とか、印象深かったなあ。
 
あと、リアルサウンド〜風のリグレット。
 
ようするに選択肢がある音だけのノベルゲームやねんけど、
菅野美穂と篠原涼子の演技が絶品でしてね。
特に篠原涼子の「ハミガキ粉の味がする」というセリフは、
音だけやのに情景が浮かぶ、すばらしい芝居やったなあ。
 
最近の氏はゲーム業界から遠ざかっていたし、いつか再びゲームを、という期待を持っていたわけではないけど、
さすがに若すぎる死に衝撃を受けました。
 
ご冥福をお祈りします。