2013年3月26日火曜日

今週の一枚(二枚目) A HERO FOR THE WORLD「A HERO FOR THE WORLD」

 香港のJacob K Musicから送られてきた、

プロジェクトと言うべきかバンドと言うべきか、の1stアルバム。

メタルがやりたくてたまらないという気持ちがこれでもかと溢れているアルバム。

 

ジャケットはプライマル・フィアなんかを手がけたらしいブラジルの方の絵で、

筋骨隆々な戦士の背中がどこからどう見てもマノウォー。

笑ってしまうぐらいにマノウォー。

歌の合間に「はっ!」とか「ふっ!」とか入るのもマノウォー。

たま〜にエリック・アダムスっぽい歌い方になるのもマノウォー。

 

なのだけれど、やりたいことはマノウォーというよりもっと王道のメロディックメタルなんかな。

マノウォーの、偽物を一切寄せつけない凄まじい暑苦しさ(最上級の誉め言葉です)を期待すると

ちょいと肩透かしを食らうかも。

音楽的にも歌唱という意味でもマノウォーっぽい曲は#9ぐらいやし、

それも完全にマノウォーのパクリ、昨今ではオマージュなどという言葉ではぐらかされるあれね、

ああいう意味ではなくちょっと影響を受けている範疇。

 

音としてはストラトヴァリウスの「インフィニット」アルバム、

ようするに「ハンティング・ハイ・アンド・ロー」タイプの曲が基本としてあり、

曲によっては壮大な展開、曲によっては複雑な転調、曲によってはアイルランド民謡かな、

民族音楽っぽさも(メタルバンドが味つけで入れる程度に)入ってます。

 

このバンド、ギターもドラムも超絶テクプレイヤーやけど、

最大の武器であり可能性はヴォーカルの秘められた力かな。

 

送られてきた情報によるとこのヴォーカルは4オクターブが出るとのこと。

そんなんはどうでもいいです。

シャウトではエリック・アダムスを意識しているし、

力んだハイトーンはアンドレ・マトスっぽくなるし、

いくら4オクターブでも高いところは無理してるやんと言いたくなるし、

力を抜いた低い声がけっこうかっこういいんやからそっちをもっと使えよと言いたくなったりもするけど、

いちばんの魅力は力まず伸びやかに歌ったときスティーブ・ペリーのような雰囲気になること。

 

それが如実に現れるのが#1

この曲はメロディックメタルファンに聴いてほしい。

聴く場所もきっかけもないやろうけど、もしできうるならば聴いてほしい。

 

曲調自体はアップテンポの、はっきり言うとありがちなメロディックメタルソングなんやけど、

Bメロだけアメリカン・プログレ・ハード(死語すぎて通用せんかな?)の匂いがぷんぷんしてて

そこに前述のスティーブ・ペリーっぽい高音やもの。

いや、驚いた。

 

この手法でメタルをやっているヒトは、

俺が知っているかぎりでやけどヨルン・ランデぐらいちゃうかな。

ヨルン・ランデがメタルの「らしさ」とは異なるサビメロを持ちこんだことにより

完成度という意味で大成功したMASTERPLANの名曲「スピリット・ネバー・ダイ」。

あれを彷彿とさせる格好よさがあって、これは個性になる。間違いなく。

 

ストラトヴァリウスを聴けばいいやん、とか、

ソナタアークティカで事足りるやん、と言いたくなることの多いメタルシーンにおいて、

確固たる個性が出せるのは実はけっこう難しくめずらしくて、

だから俺みたいなのは可能性って意味も含めてニヤニヤしてしまうわけです。

 

このニヤニヤを他のメタルマニアにも共有してほしい。

俺と同じようにニヤニヤしてほしい。

ゆえにここで取り上げたわけです。

 

他の曲も完成度は高くて、

アイリッシュなバラード#3や荘厳な#5#9

直球メタルソングでは#2や#7なんかも揃っているけれど、

やっぱり#1、それと#4やね

 

他の曲は典型的なメロディックメタルソングに

マノウォー風味とか複雑な展開とかでスパイスを効かせているから、

もしかしたら#1は偶然の産物なのかもしれんけど、

いや、狙わんとあのBメロをあそこに放りこもうとはならんはず。

そう信じたい。

 

このプロジェクトがいい意味でのジャーニーっぽいメロディを模倣にならず自分のものにできて、

それをメタルの土台にぶちまけて個性にすることができたら、

おそらく大きく化けるんちゃうかなあ。

そっちの期待をしてしまわずにはいられないのは、

やっぱり根底に流れる俺の血がこういうのを欲しているから。

 

本音を言うと最初はあなどってましたよ。

うちみたいな日本語オンリーの、ちっぽけな規模のウェブサイトをわざわざ見つけて

プロモデータへのアドレスを送りつけてくるんやもん。

 

ありがちなインディーズ音源なんやろなぐらいにしか思ってなくて、

酒飲みのネタにはなるかとプロモデータを落としてみたら、

MP3とはいえフルアルバム分あって、ジャケットや歌詞もPDFで収められていて、

デザインもちゃんとしていて、

音質もきちんとプロ作品としてできていて、

そして#1やったからね。

 

現時点では好事家向けのアイテムやし、

俺のように日本発売に合わせて作品を追いかけている程度のメタルファンには眼を向けにくいものやけれど、

3/29発売、iTunes Storeでも販売されるようなのでこれを機によろしければ。