2013年4月29日月曜日

今月の一冊 里見蘭「ミリオンセラーガール」

この小説、初っぱなから反則なんですけど。
 
冒頭は主人公の沙智がふられる場面なのですが、
怒り狂った沙智が手にした武器は、まさかのハモン・イベリコ。

店に吊ってある豚の腿、というか脚一本を彼氏に向かって振り回すんやもん。
そんなん持っていかれるに決まってますがな。
どんな話かなと手に取り、立ち読みして、にやにやしてしまいましたがな。
にやにやをごまかすためにさっさと買って立ち去らざるをえなくなりましたがな。
 
とまあ、ぶっ飛んだところから始まるこの物語。
端的に言うと、出版社の販売促進部、ようするに書店営業やね、
この部門に不本意ながら配属された沙智が、
何も知らないところから仕事を覚え、本気になっていくというもの。
 
何と言うても特筆すべきは出版業界の諸問題にがっつり切りこんでいるところ。
それおかしいやんって本気で問題提起しています。
物書きとして命がけで踏みこんでます。
 
中盤、沙智が書店研修をする箇所で、
書店側から見た出版社および取次への不満を
徹底して感情的な台詞で表現しているのですが、
中でもP127の一文。
ちょいと引用を。
 
「おそらくは出版業界だけの特殊な慣習であるパターン配本と調整が、
どれだけ志ある書店員のやる気をくじいていることか!」
 
登場人物の口を借りているとはいえ
「やる気をくじく」とまで言い放ってしまっているのが、ものすごく鮮烈!
 
しかし一方ではP167、
〜取次の推奨商品のラインナップそのままで
書店員が手を入れたあとがほとんど感じられない棚を見て、
臨店のリストからチェックをはずすということもあった。〜
という小売り側の問題点も盛りこまれてます。
 
双方ともかなり踏みこんだ表現やから、
ひょっとしたら取次や書店からの反感を買いかねないし、
出版社にとっても扱いづらくなりかねない。
物書きにとってそれは致命的ですらある。
 
でもこれを書かないと書店営業の物語なんて成りたたへんものね。
避けてしまえば、
安全やけれど物語の説得力も重みも、その意味すらもなくなってしまう。
で、著者は諸問題を主眼におき、徹底的にえぐってしまったわけで。
 
この覚悟がたまらないんですよ。
 
禁忌へ挑む姿勢。挑んででも書きたいという情熱。
それらによって魂が文章の隅々にまで封じこめられて。
俺はそういうものに弱いんです。
 
しかもこの小説がたまらなく魅力的なのは、
諸問題を提示して「これどう思います? 許せますか?」と声高に叫ぶのではなく、
問題が山積する現実世界において
懸命に自分の仕事を果たそうとするヒトたちに焦点をあてているところ。
 
そう、この小説は正統な人間ドラマです。
問題をぼやかすことなく、場合によっては直接的に問題をつきつけているけれど、
根っこの部分では
読書の楽しさを追求した娯楽小説です。
 
どうしても俺なんぞはややっこしく考えまうし、
書店ではないけれどいくつかの小売業に身を置いていたから
いろいろと思うところもあるんやけど、
特に書店員さんや小説が好きな方、
本屋めぐりだったり売り場を散策するのが途方もなく好きな方。
難しいことは考えず、気構えもせず、とりあえずご一読を。
楽しめますぜ。
 
個人的に印象深いのは、
ハモン・イベリコを振り回す沙智の後ろにいつのまにかいて、
そっと豚脚を取り戻す髭のシェフ。
 
一本がでかいし、熟成に時間がかかる代物やから
気が気やなかったんやろうけど、
あわてることなく、お嬢さん落ち着いて、と言わんばかりにイベリコ豚を回収する紳士っぷり。
わずか三ページ弱にもかかわらず、俺の記憶に強く刻まれてしまってます。

2013年4月27日土曜日

今週の一枚 SKID ROW「United World Rebellion Chapter One」

80年代末から90年代にかけて一時代を築いたSKID ROWの、
これはミニアルバムになるんかな、五曲入りのアルバム。
 
リードヴォーカルであるセバスチャン・バックの脱退を機に
聴くことがなくなっていたんやけど、
今回は久々に興味がわいてしまい。
 
だって試し聴きしてみたら
思いっきり俺が好きなSKID ROWの音なんやもん。
 
なんというても#1の、ぐんぐんうねりまくるベース!
重く激しくどろっどろしたリズムに終始するレイチェル・ボランのこのベース!
これぞSKID ROW!
 
セバスチャン・バックもソロアルバムを出しているけれど、
個人的になんか物足りんなあと感じていたのはここなんやろね。
適度に自己主張していながら屋台骨もきちっと支えてて、
パンクでありハードロックであり、それらをない交ぜにして、
新たに構築された、他に似たもののない独自のリズム。
ここにデイブ・スネイク・セイボとスコッティ・ヒルのギターがからむだけで
まごうことなきSKID ROWサウンドになるんやから、あら不思議。
 
しかも、セバスチャン・バックのあとに入ったジョン・ソーリンガーの歌い回しが、
意図的なのか自然体でそうなってしまうのか、
はたまたレイチェル・ボランとスネイクがつくる曲は
最初からそういう歌じゃないといかんみたいに指示されているのか、
おどろくほどセバスチャン・バックっぽくて、
特に「Monkey Bisiness」か「The Threat」かと言わんばかりの曲調#1の歌い出しがね。
言葉は悪いけどまんま。
 
これならセバスチャン・バックなしでもいけるよなあという気もするし、
でもでもやっぱりバズやないとなあという気にもなるし、と
今のジャーニーに対するのと似たような思いになったりも。
 
ただ、この格好良さがたまらんのですよ。
 
イントロが「I Remember You」のような#3では
ジョン・ソーリンガーの個性と言うべきかな、
低い声が魅力的で(この曲がまたいいんだわ)、
今のスキッド・ロウとして聴く分にも、
もちろん当時に「SLAVE TO THE GRIND」アルバムを
聴き倒していたようなリスナーにも、ええで、とおすすめできます。
 
惜しむらくは五曲しか入っていないってことかな。
チャプター1と銘打たれているから次があるんやろうけど、
できればどかんとフルアルバムで聴きたかった。というのも本音。
 
それはそれとして、このど直球ロックンロール。
俺はこういう音がたまらなく好きなのです。
 
 

2013年4月16日火曜日

今週の一枚 KILLSWITCH ENGAGE「Disarm The Descent」

輸入盤で予約注文したにもかかわらず
発売日をすぎても予定日になっても一向に送られてくる気配はなく、
さすがにイラッときてそっちはキャンセルし国内盤を買い、今日届き、
ようやく聞くことができたわけですが、
これはたまらんわ。めちゃめちゃ完成度が高い!
 
KILLSWITCH ENGAGE(以下KSE)は
「The End Of Heartache」アルバムから
新しいほうの「Killswitch Engage」アルバムまでを聴いていて、
前任ヴォーカルのハワード・ジョーンズ期しか知らないから、
今回の脱退とジェシー・リーチの復帰によって知らないバンドになるのやもと
個人的に不安を感じていたのは事実。
 
でも、
リーダーであり、超絶リフメイカーであり、歌もうまく、それでいてキャラも立っている!でおなじみの
アダム・デュトキエヴィッチさんがいるからか、
音に大幅な変化はなく、
メタルコアというひとつのカテゴリーを産みだしたこのバンドならでは音になっています。
 
ただし今回の完成度は俺が聴いてきたアルバムより数段上のところにあって、
いやもう強烈なことこのうえなく。
 
リーダートラックの#4が期待を裏切ることのないKSEサウンドだったから、
まあ今回もいい感じなんやろね、ぐらいに思っていて、
しかも入手に時間がかかったもんやから少しばかしクールダウンしていて、
そんな状態で#1を聴いた日にゃ、そらぶっ飛びますがな。
 
攻撃的で、速くて、スクリーム全開で、
かと思いきやこの曲調でこのメロディを持ってくる?という流麗なやつが用意されていて、
そしてお得意の泣きまくりアルペジオも間奏にあるという。
KSEの魅力がすべてここに凝縮されてるんやもん。
こんなん燃えへんはずがない。
歌いあげるときの歌詞が「This Is The Hell In Me」ってのもええんよね。かっこうよすぎる。
 
#1でも顕著やけど、
今回のアルバムは歌メロが
官能的に
聴き手の耳だとか胸だとか皮膚だとかにからみついてきます。
リーダートラック#4で油断していた俺などは見事にノックアウトされました。
 
アルバムでは、
サビの歌いあげが鳥肌ものの#2と、えぐさ満載のリフが炸裂する#3ときての
リーダートラック#4やけど、
はっきり言うて#4は「らしさ」あふれるし、いい曲である反面、ちょいとコンパクトかなという印象。
それもこれも#4から続く#5のせいなんやけどね。
#5は、なんというか、血が沸騰してまう。
 
前半の#1から#3も相当にいいんやけど、この#5以降がね。
これまでのアルバムにはない濃密な時間が提供されてます。
 
重い雰囲気で始まる#6はサビメロがまたすばらしくて問答無用に体温があがるし、
サビまで徹底的に爆走する#7は、サビで味わい深い低い声にきれいなメロディを乗せていて、
この変化がうまいんだわ。
くすぐったいところに手が届くという言葉がぴったりな展開なんやけど、
手が届くだけでなくここがくすぐったかったんだと気づかせてくれる細やかさ。
 
流れは一切途切れることなく、
リフと疾走感と、ちょいレミー・キルミスターのような歌と、聴かせる泣かせるサビメロの#8と来て、
激烈メロウソングというよくわからない表現を用いる以外に伝えられる言葉がない最強の#9ですよ。
#9はね、放たれるメロディの奔流に飲みこまれそうになります。
「My Curse」とか「Starting Over」のようなわかりやすいKSEの曲ではないけど、
上記の曲で感銘を受けた俺みたいなリスナーは悶絶する。はず。
 
で、パワーバラードの#11と本編最後を飾る#12は、
これもやはりサビメロが魅力的で、ぞくぞくするぐらいの美しさで、まあ反則ですわ。

ということで断言。これまで聴いてきたKSEのアルバムの中で、これがいちばん好き。
 
今回は国内の限定版を買ったのでボーナストラックも収録されていて、
これがまたいい出来で、
特に#13のさわやかなサビメロはやけに耳に残ります。
 
でもボーナスで語るべきはライブバージョンの#17やね。
観客のこの大合唱を聴かされたら泣くにきまってるちゅうの。
 
SOILWORKが北欧らしい灰色の雰囲気をまとっているのに対し、
KSEはエクストリームミュージックでありながらからっとしていて、
えぐいことをやっているにもかかわらず聴きやすくて、
このふたつのバンドのアルバムが同時期に出るっていうのはとても贅沢だが、
一方で他のメタルコアバンドは霞むやろなあという、いらん危惧も抱いてたりする。
 
だってこのアルバムの完成度はちょっと普通じゃないもの。
音楽性は違うけど、
MACHINE HEADの「The Blackening」アルバムを聴いたときのような
これは特別なやつだわと、俺はこのアルバムを聴いたときに感じた次第。
 
あくまで俺にとってはということやけどね。
メタルファン、ロックファンの方々とこの気持ちを共有できたら嬉しいです。
傑作!
 
ちなみに国内盤が届いた今日、
俺が輸入盤を買おうとしてキャンセルした通販大手のページでは
輸入盤が10点在庫ありになってました。
なんちゅうタイミングの悪さや。
 

2013年4月5日金曜日

今週の一枚 STONE SOUR 「HOUSE OF GOLD AND BONES PART2」

パート2と銘打たれているものの、

裏ジャケットに記載されている曲番号はパート1からの続きになっていて、

だから#1から#4まではアルバムの冒頭というより

物語の中盤という雰囲気が色濃いのかな。

 

#1はスリップノット「VOL.3」アルバムの「Prelude3.0」をちょこっと思いだす暗さ。

#2から#4まではフックこそあるものの音の厚みと重みで押しこまれる。

特に隙間を残したアレンジが映える#3

サビこそコリィらしいメロディラインで魅力的なんやけど、

全体はもやもやしているというか鬱々としている。

 

冒頭がこんなやから最初はちょいと地味な印象を受けるやも。

 

負の感情が渦巻くように唸る#6もあって、

パート1と比べるとえらく重いアルバムになったなというのが第一印象。

 

ただ、同じタイトルでパート1、パート2と分けておきながら

パート1とはちがう聴き所を用意しているところがさすが。

 

一発目は#5

どすんと重い前四曲の流れを受けたバラード調の入り方。

そこから一転してえげつないリフとリズムで受け手を飲みこんだのち

躍動する歌を徹底的に聴かせる。

この力技!

いろんなロック要素を混ぜこんでいる具合が、めっちゃかっこいい!

最後でサビメロが転調するところも含めて強烈。

 

粘液のごとくどろどろした#6を挟んでの#7そして#8

特に#8のやけに残るイントロと鮮烈なサビはたまりません。

おとなしめなんやけど、こういう隠し味の利いた曲が俺はおもいっきり好み。

 

そして聴きどころは#10から#12

この三曲のためにアルバムを聴く価値があると言っても過言ではない。はず。

 

#10は跳ねるリズムとまさしくロック!な歌が印象的で

これまでのストーンサワーにはなかったタイプ。

ヒトによっては懐かしく感じられるかも。

古典的なヘヴィロックなんやけど、それをコリィが歌って駄目になるわけがない。

しかもパート1で使われたメロディを持ちこんだりもしてて、

ずるいことこのうえない。

ベタやけどそういう反復が大好きなのです。

 

本編最後を飾ってもいいくらいのパワーバラード#11を経て(ここでも反復が心地よい)

なるほど物語をこういう曲で締めくくるのねとほくそえんでしまうタイトルチューン#12

文句なしにこのアルバムの最高潮。

 

#12は前作の「Absolute Zero」と対をなしていて、

リフにしろ歌にしろ直球のストーンサワーサウンド!

このバンドの得意技が網羅されてます。

このバンドが好きなヒトでこの曲が嫌いになる理由はない、というくらいど真ん中。

 

最初はえらく重いという印象やったんやけど、

実はパート1より聴きやすかった、というのが

三周ほど流したこのアルバムの感想。

 

「聴きやすい」に加えて「楽しい」というのも重要な要素かな。

 

コリィの歌とかジェイムス・ルートとジョシュ・ランドのギターワーク、

さらにはゲスト参加したレイチェル・ボランの野太いベースもさることながら、

ロイ・マヨルガ(読み方はマヨーガかも)のドラム(特にスネアとバスの音)が、どこまでも好きなんよね。

このドラムを聴いているだけでにやにやする。

だから、もうとにかく聴いてて楽しかった。

 

というのが本編の感想。

ただ、もうひとつだけ追記。

ぶっ飛びましたよ、ボーナストラックの#13で。

 

この曲、途中から思いっきりメジャー進行してますがな。

サビとかめちゃめちゃ明るくなってますがな。ポップですがな。

ストーンサワーやのに。スリップノットのヴォーカルとギターがやってるバンドやのに。

どゆこと????

 

しかもこれはデモ音源なので、

製品としてつくられたテイクでは絶対に聞くことができないコリィの

「メタルシャウトをしようとしたけど恥ずかしくなってやめた」的な中途半端な叫びとか、

「ハイ!」と日本語で返事するかのように掛け声があったりして、

それもひっくるめて衝撃。

 

もしかしたらストーンサワーはこっちの方向も模索していた(あるいは現在もしている)のか?

だとしたらおもろいぞ、と。

熱烈なファンは拒否反応を示すやもしれんけど、

これはバンドの新たな武器として魅力的な個性になりうるかもと、

俺みたいな雑食リスナーは期待にはらはらどきどきむらむらしたり。

 

久々に国内盤を買ってよかったと思った次第。

国内盤を買ったのは、アマゾンさんで頼んでいた

KILLSWITCH ENGAGEの新譜がまだ届いていないという惨状ゆえなのだけれど。