2013年4月16日火曜日

今週の一枚 KILLSWITCH ENGAGE「Disarm The Descent」

輸入盤で予約注文したにもかかわらず
発売日をすぎても予定日になっても一向に送られてくる気配はなく、
さすがにイラッときてそっちはキャンセルし国内盤を買い、今日届き、
ようやく聞くことができたわけですが、
これはたまらんわ。めちゃめちゃ完成度が高い!
 
KILLSWITCH ENGAGE(以下KSE)は
「The End Of Heartache」アルバムから
新しいほうの「Killswitch Engage」アルバムまでを聴いていて、
前任ヴォーカルのハワード・ジョーンズ期しか知らないから、
今回の脱退とジェシー・リーチの復帰によって知らないバンドになるのやもと
個人的に不安を感じていたのは事実。
 
でも、
リーダーであり、超絶リフメイカーであり、歌もうまく、それでいてキャラも立っている!でおなじみの
アダム・デュトキエヴィッチさんがいるからか、
音に大幅な変化はなく、
メタルコアというひとつのカテゴリーを産みだしたこのバンドならでは音になっています。
 
ただし今回の完成度は俺が聴いてきたアルバムより数段上のところにあって、
いやもう強烈なことこのうえなく。
 
リーダートラックの#4が期待を裏切ることのないKSEサウンドだったから、
まあ今回もいい感じなんやろね、ぐらいに思っていて、
しかも入手に時間がかかったもんやから少しばかしクールダウンしていて、
そんな状態で#1を聴いた日にゃ、そらぶっ飛びますがな。
 
攻撃的で、速くて、スクリーム全開で、
かと思いきやこの曲調でこのメロディを持ってくる?という流麗なやつが用意されていて、
そしてお得意の泣きまくりアルペジオも間奏にあるという。
KSEの魅力がすべてここに凝縮されてるんやもん。
こんなん燃えへんはずがない。
歌いあげるときの歌詞が「This Is The Hell In Me」ってのもええんよね。かっこうよすぎる。
 
#1でも顕著やけど、
今回のアルバムは歌メロが
官能的に
聴き手の耳だとか胸だとか皮膚だとかにからみついてきます。
リーダートラック#4で油断していた俺などは見事にノックアウトされました。
 
アルバムでは、
サビの歌いあげが鳥肌ものの#2と、えぐさ満載のリフが炸裂する#3ときての
リーダートラック#4やけど、
はっきり言うて#4は「らしさ」あふれるし、いい曲である反面、ちょいとコンパクトかなという印象。
それもこれも#4から続く#5のせいなんやけどね。
#5は、なんというか、血が沸騰してまう。
 
前半の#1から#3も相当にいいんやけど、この#5以降がね。
これまでのアルバムにはない濃密な時間が提供されてます。
 
重い雰囲気で始まる#6はサビメロがまたすばらしくて問答無用に体温があがるし、
サビまで徹底的に爆走する#7は、サビで味わい深い低い声にきれいなメロディを乗せていて、
この変化がうまいんだわ。
くすぐったいところに手が届くという言葉がぴったりな展開なんやけど、
手が届くだけでなくここがくすぐったかったんだと気づかせてくれる細やかさ。
 
流れは一切途切れることなく、
リフと疾走感と、ちょいレミー・キルミスターのような歌と、聴かせる泣かせるサビメロの#8と来て、
激烈メロウソングというよくわからない表現を用いる以外に伝えられる言葉がない最強の#9ですよ。
#9はね、放たれるメロディの奔流に飲みこまれそうになります。
「My Curse」とか「Starting Over」のようなわかりやすいKSEの曲ではないけど、
上記の曲で感銘を受けた俺みたいなリスナーは悶絶する。はず。
 
で、パワーバラードの#11と本編最後を飾る#12は、
これもやはりサビメロが魅力的で、ぞくぞくするぐらいの美しさで、まあ反則ですわ。

ということで断言。これまで聴いてきたKSEのアルバムの中で、これがいちばん好き。
 
今回は国内の限定版を買ったのでボーナストラックも収録されていて、
これがまたいい出来で、
特に#13のさわやかなサビメロはやけに耳に残ります。
 
でもボーナスで語るべきはライブバージョンの#17やね。
観客のこの大合唱を聴かされたら泣くにきまってるちゅうの。
 
SOILWORKが北欧らしい灰色の雰囲気をまとっているのに対し、
KSEはエクストリームミュージックでありながらからっとしていて、
えぐいことをやっているにもかかわらず聴きやすくて、
このふたつのバンドのアルバムが同時期に出るっていうのはとても贅沢だが、
一方で他のメタルコアバンドは霞むやろなあという、いらん危惧も抱いてたりする。
 
だってこのアルバムの完成度はちょっと普通じゃないもの。
音楽性は違うけど、
MACHINE HEADの「The Blackening」アルバムを聴いたときのような
これは特別なやつだわと、俺はこのアルバムを聴いたときに感じた次第。
 
あくまで俺にとってはということやけどね。
メタルファン、ロックファンの方々とこの気持ちを共有できたら嬉しいです。
傑作!
 
ちなみに国内盤が届いた今日、
俺が輸入盤を買おうとしてキャンセルした通販大手のページでは
輸入盤が10点在庫ありになってました。
なんちゅうタイミングの悪さや。