2013年5月20日月曜日

今週の一枚 THE VIRGINMARYS「King Of Conflict」

ガレージロックというかパンク寄りというか、
荒っぽいけれど聴きやすくもあるロック。
 
#1が、乱雑なんやけれど、
乱雑でありながらAPPLEのCMで使われそうなおしゃれさもあったりして、
でもロックファン以外には眉をひそめられそうな荒さで、
この狙ってはできない絶妙な感じがめちゃめちゃ好み。
 
たぶん、これ以上おしゃれになってもうたら俺は避けてしまうんやろね。
(理論としてのスケールではなく活動規模という意味での)メジャー感にあてられると、
すんません許してくださいと何もしていないのに謝らざるをえなくなる、
根っから日陰者、
あるいはいろんなものをこじらせたまま大人になっちまった輩なのでして。
このくらいの雑然さが、ちょうどよくて、たまらないんです。
 
とりあえずペンタトニックやろ、
できればブルーノートスケールで、
という貴兄におすすめ。
 
あとは、THE BIRTHDAY好きにもいいかも。
#3とか#6。特に#6がね。
これはPVをつくってロック好きに押しこんでほしいなあ。
(こっちは理論としての)メジャースケールの土台に
雑なギターと雑な歌をぶちまけて仕上げたこういう曲、あかんのよ。弱いのよ。
涙腺に直撃する。
 
かと思えば大人然とした#8があったり
(これを書くにあたりじっくり聴いてはまった!)、
サビメロや中間のブルーズセッションに地下室のような深みが漂っていて
これ本物やん!と叫びたくなる#12とかもあったり、
シャウト勝負な#2、リフでぶん殴られる#10、
かきしむられるような叫びっぱなしのサビ#11などもかっこうよく、おいしい。
 
これがたしかファーストアルバムやったかな。
このバンドとVINTAGE TROUBLEはセカンドアルバムが楽しみで仕方がない。