2013年6月24日月曜日

今週の一枚 GOO GOO DOLLS「Magnetic」

ただただ、好きなんよねえ、このバンド。

気取った言い方になってしまうけど、
子供の頃に忘れてきた何かを思いださせてくれるような音、
とでも言うべきなのかな。

青臭くてつい照れ笑いを浮かべたり、
たまらなく甘酸っぱかったり、
場合によっては胸がうずく痛みを伴っていたり、
そんな過去をふっと蘇らせてくれる、そんな感じ。

リードトラックの#1はやけにポップで、
今のアメリカの社会情勢が反映されているのかなとも思ったり。
ボンジョヴィの新譜のリードトラックも似たような感じやったしね。
長く陰惨なイラク戦争を経て、ポジティブな未来を築こう、
みたいなのがあるんかな、と。

でもこのアルバム、内容はやはりいつものGOO。
哀愁漂う、そしていろんなもんが去来する、らしさあふれる音。

イントロのアルペジオで、ぐっと来る#2。
ポップなのにもの悲しい#3。
そして二度と戻ってこないものを振り返るかのような#4。
いや、それは歌詞がそういう意味とかではなく、
曲から受けた俺の個人的な印象ってことね。
バラードじゃないのに、ロックソングなのに、
なぜか俺にはそんなふうに聞こえるんよ。
いい曲なんだわ。

あとはつきぬける空のようなイントロとサビの#9とか、
これぞGOOのロックソング!と言いたくなる#11。

#11のこの切なさって何なんやろね。
去っていく何かを見送らなくてはならない無力感というか、
青春ってもんを振り返るときに必ずつきまとう後悔とか未練を、
純度を高めて形にしたような。
こういうのが胸に響くわけです。

そしてこのアルバムでいちばん好きなのが#8。
悲劇的な別れのような、
前向きだけど取り返しのつかない結末のような、
あるいは崩壊からの再生のような。
言葉にできないものが音と音の隙間にびっしりつめられていて、
これはあかんわ。泣ける。泣かずにはいられない。

夏のからっとした日にもいいけど、
長雨の夜に聴いていたい、そんなアルバムです。