2013年6月10日月曜日

今週の一枚 OUTRAGE「OUTRAGED」

このバンドの魅力のひとつは、
無秩序なほどの拡散性にあると思っています。

名作「THE FINAL DAY」が発売されたとき俺は中学三年で、
「日本にこんな強烈なメタルバンドがいたのか!」とぶっ飛んでしまい、
それがあまりに鮮烈だったため次の「SPIT」アルバム以降は
曲の多様化についていけずほとんど聞かずじまいでした。

まだまだ耳と心が若く、ある特定の音のみを追いかけてしまう年頃だったからね。
だからこのバンドの拡散性がとてつもなく魅力的だとわかったのは、
二十周年記念で再発された旧作をじっくり聴いてから。

そういう観点からいくと、
前作「OUTRAGE」アルバムは橋本直樹復帰作ということもあって
直球のごりごりスラッシュメタル路線、
もっと言うなら構成においても曲においても
名作「THE FINAL DAY」アルバムを意図的になぞっていたから、
このバンドの持つ拡散性という部分はさほど出ていなかったかなと。

前作は前作で復帰作にふさわしい、
それでいて歌メロは当時よりはるかに洗練されていて焼き直し感はなく、
ファンが求めていた以上の作品だったわけで、
「THE FINAL DAY」アルバムにすさまじい思い入れがある俺にとって
狂喜乱舞ものの名盤なのは事実なんやけどね。

で、復帰第二作である今回のアルバム。
この拡散性がすさまじい形になってるわけですよ。
なんと言うても#3と#5なわけですよ。

どちらも既存のアウトレイジの音からは離れてて、
#3は、こんなふうに例えると誤解を招きかねないんやけど、
ちょっとだけブラック・ストーン・チェリーのよう。
うねりのある泥臭いリフに男泣きのサビメロがね。
アウトレイジでこういう音が聞けるとは思わなんだ。

#5は、力を抜いた歌いだしからの感情的なサビが、もう最高。
これはバンドの新しい武器たりえるでしょ。
めちゃめちゃいい曲。
しばらくはこの二曲だけを延々と聴いてたほど。
あえてこの曲をPVにしてほしかったくらい。

あとは#9。
アウトレイジのメタル曲で、ここまでサビが記憶に残る曲ってあったやろか。
いや、驚いた。
サビメロに絡んでくる阿部洋介のギターがまた泣けるんだわ。
俺は阿部洋介の荒々しく粘っこいリードギターが大好きなんだなと再確認。

他にも爆走曲#4や、
前作から続く直球アウトレイジ曲の#7、
へっぽこベース弾きとしてはこういうのに憧れるんですよ!な#8、
もちろん問答無用な#1など、
大音量必須な音楽が好きでたまらない聴き手を的確にくすぐってくれます。

めっちゃかっこいいよ。

何もかもを吹き飛ばしたいヒトに聴いてほしい一枚。

日本のバンドということで、
メンバーのお名前に敬称をつけるべきかとも思ったんやけど、
「さん」をつけると知人みたいになってまうし(一切面識なし)、
「氏」をつけるのも何だかなあとなってしまうため、敬称略でお届けしました。