2013年8月5日月曜日

今週の一枚 30 SECONDS TO MARS「Love Lust Faith + Dreams」

俳優でもあるジャレッド・レト率いるロックバンド。
という説明では音楽について適切に伝えられない気もするけれど。
ちょっと前に出た、これが四枚目のアルバム。

ファーストアルバムがグランジというか暗い作風だったのに対して、
セカンドアルバム「ビューティフル・ライ」で
劇的な展開に磨きがかかりつつも普遍的なロックの音になり、
かつジャレット・レトの歌が表現者として二段階ぐらい上にいってて、
めちゃめちゃ魅力的になったという印象を持ってます。

三枚目のアルバムはいつのまにか出ていて、
気がつかなかったので聴いておらず、
個人的には久々の30SecondsToMars。

このバンドはジャレット・レトの歌もいいんやけれど、
ピアノの使い方と、ドラムがいいんですよね。

特徴的な展開の劇的さはドラムに拠るところが大きく、
あと要所でぽんと入ってきて耳に残るピアノがね、ツボなのです。

このアルバムではセカンドと比べてメロディがポップになっているから、
劇的ではあるけれどハッピーな雰囲気が漂っていて、
そこにジャレット・レトの、悲痛というほどではないけれど
心をにぎりしめて絞りだしたような歌が乗っているから、
何とも言えない不可思議で、優しくて、でも儚げで。

例えようもない音世界になっています。

PVになった#3もいいけれど、
#3同様にポップな#4とか、
セカンドアルバムに収録されていそうな#5、
ほんのちょっとコールドプレイっぽくもある#8や#9がおすすめ。

特に#8と#9は、
ものすごく前向きなエネルギーに満ちていて、いい曲なんだわ。

GOO GOO DOLLSとかこのバンドは、
もっともっと多くのヒトに聴いてほしいなあと
願わずにはいられず、
頼まれてもいないのに自分の作業の合間をぬって
こんなものを書いている私なのでした。