2013年8月23日金曜日

今週の一枚 HAREM SCAREM「Mood Swings2」

オリジナルを持っている作品の
リマスター盤とか再録音盤といったものは、
基本的には手を出さないようにしています。

だってどうしたってオリジナルが基準になるわけやから、
リマスター盤とか再録音盤を聴いてもまちがい探しにしかならへんねんもん。
オリジナル盤を持っていなければ購入対象になるけれど。

特に再録音ってやつは、
たとえば再結成したバンドが新譜の最後に
大ヒットした曲の2008年バージョン!みたいな形で収録したりするけど、
個人的にはなんかなぁと感じる変貌ぶりだったりしまして。

そうなるのも当然なんやけどね。
レコーディング機材も含めて時代がちがうし、
当時より演奏技術は向上しているし、声が変わっていたりもするし、
演者が新たなアレンジを加えたくもなるやろうし。

そのバージョンが今のバンドの音なんだと認めるべきなのでしょうが、
俺なんかは最初に世に出たバージョンこそ
最も尊重されるべきだと思うのです。

だから当初、このアルバムの存在を知り、
ハーレムスキャーレム再結成であの名盤のパート2!と期待したら、
二十周年記念に合わせて何かしようにも
権利関係でオリジナルの音源が自由になれへんから
新たに録音したという経緯らしく、
だったらいいやオリジナル盤も持っていることやしと
流すつもりでした。

ですが。

やはり中身については気になり、
ウェブで試し聴きができたのでどんなもんかとアクセスしてみたら、
再現度の高さにひっくり返りそうになりまして。

ほぼまんま。

高い技術を持ったバンドなのは知っていたけれど、
どうやったらこんな再現度の録音ができるのよ。

表現者として、ミュージシャンとして、
絶対に二十年の成長を入れたくなるはずなんです。
そこをぐっと我慢してオリジナルの再現に徹したプロ魂にしびれました。

で、内容はというと、
元々この作品は俺にとってとても特別な一枚でして、
無人島に持っていくCD10枚を選ぶとしたら?みたいな質問があれば
確実に入るものだったりするわけでして、
はっきり言うと掛け値なしの名作なわけです。

このアルバムの、というか
ハーレムスキャーレムの魅力はなんと言ってもメロディ。

すべての曲に美しく、胸をくすぐられ、
泣きそうになるメロディが入ってます。
誇張じゃないのよ、これが。

いい具合のグルーヴからつき抜けたサビにいたる#1。
クイーンのような分厚いコーラスワークと
「The Show Must Go On」を思わせるサビの#2。
どことなく漂う切なさとポップな曲調がうまく融合した#3。
イントロのカッティングを完全再現し、
一切の隙なく聞き手を翻弄する歌メロから、
これぞロックの躍動感!熱くならないわけがないサビの#4。
ブルージーで土臭く、ハリー・ヘスののびやかな歌にしびれる#5。
Bメロからのサビの激しくも美しい流れに当時も、
そして今も容赦なく持っていかれる#6。

ああ、もうたまらん。

#6で歌っているダレン・スミスはちょっと声が変わって、
テッド・ブレット(サンダーヘッドのヴォーカル兼ギター)のような
荒っぽさになっているけれど、これはこれで好き。
だって前述の無人島云々の質問があったとしたら、
サンダーヘッド「Killing With Style」アルバムが入るほど
好きだったりするので。

泣きっぷりが当時と変わらないインスト#7。
これまたBメロからのサビがえらく耳に残る#8。
そして名曲、最高のバラードのひとつ#9。
イントロも歌いだしもいいけれど、
なんといってもサビにいたるまでの流れがね。
あまりの美しさに呼吸すら忘れる。

#10は唯一、オリジナルとちがうアレンジをほどこしてあるんやけど、
この英断とセンスがずば抜けている。

この#10、オリジナルではアカペラ曲で
俺にはオリジナル盤で唯一ぴんと来ない曲だったのですが、
アコースティックバラードの小作品に仕上げていて、
これが抜群によくなっている!
こういう判断力と実行できる演奏力が才能なんやろうねえ。

そして最高にハッピーなサビが炸裂する#11で本編は終了。

本当、時代を超越する完成度です。

ボーナストラックは、
#12なんかは「HUMAN NATURE」アルバム以降の
ハーレムスキャーレムを象徴するような曲かな。
歌いだしがプリティメイズっぽかったりもするけれど、
サビにはきちんとカタルシスが用意されてて、ええのよ。

#13はちょいとめずらしいタイプの曲かな。リフがね。
キャッチーなサビには、思わずにやりとします。
#14は良質なパワーバラード。メロディの優しさが響く。

感情的な文章になっちゃいましたが、
それもこれも思い入れの強さゆえです。

すべてのロック好きに、
一人でも多くのヒトにこの作品が届けばいいなあ。