2013年9月19日木曜日

今週の一枚 ANNIHILATOR「FEAST」

いつにもましてグロテスクな表紙(アリスさん、ゾンビ化?)も含め、
けっしてすべてのロックファンにはおすすめできないけれど、
こればっかりはもう、好きなので、としか言えないアナイアレーターの新譜。

とりあえず、ぶっとんでます。
#1の冒頭でいきなり、笑ってしまうくらいの超高速ピッキング。
これぞスラッシュメタル。これぞアナイアレーター。

躍動感とメロディが奇妙だけど耳に残る#2も「らしい」曲で好きなんやけど、
無軌道すぎてなんかもうくらくらするのにおどろくほどはまる#3とか、
序盤はスラップなんかで遊び心満載なのに
中盤からジェフ・ウォーターズならではのリフとソロでたたみかける#4とか、
一方で曲そのものはアナイアレーターならではなのに
サビで恐ろしく曲がる変化球を投げてくる#5とか
(このサビは若い子にはマキシマム・ザ・ホルモンっぽく聞こえるかな)、
それはもう聴き手を翻弄すべく好き勝手に暴れまくったあとで
唐突に持ってくるバラード#6のいやらしいほどの上手さ!
こんなん、イントロで泣くっちゅうねん。
メランコリックなソロでさらに泣くっちゅうねん。

#7#8#9と続く長尺の曲でのえげつないほどの展開美もしびれます。

個人的には#8の、
美しいイントロから一転する激烈さと、
ただひたすら美しく劇的なソロへの流れが強烈で、
とてつもなく好き。

計算された展開の妙味と、パンク由来の暴走っぷり。
それでいてすばらしく整合性が保たれた音像。
どの曲にも歌あるいはギターで印象的な箇所を用意しているという
作編曲の能力の高さもあいまって、
乱雑なのにかゆいところにはきちんと手が届く感じ。
ものすごく心地のいい作品です。

ちなみにデラックスエディションには
現メンバーによる再録が本編よりも長時間収録されていて、
俺は以前の作品をもの見事に聴き逃していたから
昔の曲への思い入れはさほどないし
「King Of The Kill」が聴けるだけでおいしい!
くらいに思っていたのだけれど、
やっぱり他にもいい曲をたっぷり持ってるねぇこのバンドは。

「Fun Palace」とか「Nozone」とか「Stonewall」とか、
当時に聴いておきたかった。

何度聴き直しても
やっぱりヒトには薦められないけれど、
なんかいろんなもんをふっ飛ばしてくれる音で、
俺にとってはこういうのが栄養剤なのです。