2014年2月25日火曜日

今週の一枚 DIANE BIRCH「Speak A Little Louder」

ひとめぼれ。ならぬひとぎきぼれ。

リードトラックの#3がね、静かな曲なのですが、がつんと来まして。

この曲、十年以上前にイギリスで活動していた
boaというバンドの「Duvet」という曲に雰囲気がちょっとだけ似ていて、
その「Duvet」が俺は好きなのでがつんと来たということだったりもしまして、
そういう意味で入り方としてはちと邪道だったりもするのですが、
それはそれとして、淡々としたメロディものすっごい力で歌いあげていて、
いい曲なのですよこれが。

ちなみにboaというバンドはポール・ロジャースの娘と息子が組んだバンドであり、
日本ではアニメ「lain」の主題歌だった、と説明すれば
わかる人にはわかるのではないかと。

それでまあ#3を目当てにアルバムを購入したわけですが、
アルバム全体の印象としては色とりどりで、
ロックアプローチの曲からポップな楽曲、ピアノバラードまであり。
その中で興味深いのは濃厚に漂う80'sの香りかな。

#6などはムードたっぷりにした「Maniac」のように聞こえるし、
#7は「Eye Of The Tiger」みたいで今にもロッキーが走りだしそうやし、
#8にいたってはデズモンド・チャイルド?と言いたくなったり。

模倣というわけではなく
意図的に80'Sの雰囲気を持ちこみ、
さらにアレンジや各楽器の音もあの時代に近づけることで新鮮さを演出していて、
これはダイアン・バーチの声を生かすのに適していてうまいなあと。
その時代の音が好きというのもあって、
アルバムを購入した直後は上記三曲を何度も聴いてしまったほど。

でも、この人の真骨頂はピアノバラードなんよね。

#5とか#10とか#11とか、
デラックスエディションのみの収録なのかもしれないが#16とか。
何の飾りもない裸の楽曲を
優しいけれどつきつけられるような強さの声が自由に泳いで、
それは時につき刺さるけれど心地よくもあり。

すべての楽器や音が出るものの中で最も魅力的なのは人間の声だと
俺は常々思っているのですが、
その声を存分に堪能させてくれるアルバムです。
彼女の存在感、表現者としての卓越した能力が強烈に響きました。

ジャズからポップス、ロックまで、ジャンルに関係なく
聴き手を選ばずおすすめできる一枚です。