2014年6月11日水曜日

今週の一枚ARCH ENEMY「WAR ETERNAL」

身も蓋もなく直接的な言ってしまうと、
新加入のアリッサさん、うまい。

普段こういう音楽を聴いていない人にとっては
スクリームやグロウルに聴きやすいも何もないんやけれど、
アンジェラさんの機械的な冷たさと比べると感情的で、
血が通っていて、
叫んでいる中にもさまざまな表現があって、
圧倒的にうまいし聴きやすいというのが第一印象。

表現で際立っているのは#3と#4かな。

#3はソロあけの転調でのスクリームが抜群。
キーに合わせて出す声を変えるのはあたりまえと言えばあたりまえなんやけど、
これをきちんとやっているところがすごい。
聴いていてめちゃめちゃ気持ちいい。

#4はメロディックデス関連の表現としては革新的なんちゃうのと
個人的には思ってます。

だって、サビでスクリームのまま歌っているもの。

似た表現としては
ソイルワークのビョーンやチルドレン・オブ・ボドムのアレキシ、
コリィのような叫びと歌がハイブリッドになっている人が挙げられるけれど、
それらとは明らかに異質で、
激烈に叫んでいるのに歌でフックを演出していて、
しかもこのキーの叫びは女性にしかできなくて、
ずばぬけて格好いい。

アリッサさんの叫び方そのものが
スクリームとグロウルを喉で混ぜているような手法なのもあって、
似た表現は数あれど独自性が出ているのも好印象。
もちろん多重録音の効果もあるんやろうけれど、
それを差し引いてもすばらしい。

楽曲面で惹かれたのは後半、#8以降かな。

誤解を恐れながらもあえて言うならTO/DIE/FORのようだと個人的には感じまして。
ようするに一時期、すさまじい流行になったゴシックロックっぽいなと。
主にサビでの広げ方とかメロディの質などが。

で、これがいいんですよ。

メタルというより普遍的なロックに近く、
もともとゴシックロックが好きなのもあるし、
マイケル・アモットのギターメロディが好きなのも加わり、
そりゃ気に入るわなとなるわけで。

このバンドの色がまるまる消えてしまったわけではもちろんなく、
むしろらしさを残したまま、隠し味程度なのですが、
その隠し味が生きている#8#9#10が
個人的にこのアルバムのハイライトでした。
特に#10はイントロからサビにいたるまで
資料を読んでいても運転していても、
必ず耳にひっかかって意識を持っていかれるんよね。
いい曲だ。

今回のヴォーカル交代は、
結果としてはよかったんちゃうかなとこのアルバムを聴くかぎりでは思います。

ただ、
アリッサさんを加入させたのなら
クリーンヴォイスも使ってはもらえんやろか、と
願わずにはいられなかったりするのもまた本音。

アリッサさんの、
ちょいと可憐な高音域の声が好きなものでして。