2016年12月31日土曜日

気がつけば大晦日。

ごぶさたでございます。

題名どおりです。気がついたら大晦日でございました。
遊んでいたわけじゃないんです。
書いていたんです。それはもう真剣に。

予定では、願望を多分に含んではいるものの当初の予定としては、
次の長編についての具体的な話をこの時点でできていたはずなのです。

しかし書き始めてみると
登場人物は好き勝手なことを喋ったりおこなったりするわ、
情報不足で本編が薄っぺらになるやもという危惧にぶちあたるわ、
危惧は杞憂じゃなく現実で
このままじゃおもしろくなるわけがないという事実にぶつかるわ、
情報が必要だ、本編の肉となる情報がもっとほしいなどと考えたりして
執筆を中断して資料を読みあさるわ、
などとやっていたらもう大晦日というありさまでして。

来年中には新作長編を、
皆様に忘れられないうちに刊行しますゆえ、
その際はよろしくお願いいたします。


ではその他、今年やったことを覚えている範囲で。

映画「ミュータント・ニンジャ・タートルズ」を観た。
とにかく良質のアクション。
CGの出来はいいし、話の筋も面白さをとことん追求しているし、
冒頭からつかみはばっちりやし。
ただ、冷房のせいで途中でお腹が痛くなって離席したのが残念。
映画館で途中退席は人生初。
ちゃんと戻ってきて中盤から最後までは観たけどね。

映画「バイオハザード・ザ・ファイナル」を観た。
いつもどおりのバイオハザード。
アクション多め。というかほぼアクション。
物語もいつもどおりのバイオハザード。
以下、個人的な感想。
クローンまみれ。
ローラ、それだけ?
ウェスカーさん・・・。

自分の小説では絶対に使わない三点リーダーとか使っちゃったぜ。

XBox Oneを買った。
買っちゃった。

サンセット・オーバードライブ、めっちゃおもしろい。

フォルツァモータースポーツ6は敵AIが
世界中のプレイヤーのデータを拾って構築しているらしく
それはもうでたらめにぶつかってくること。
ドライブゲームとしてはすばらしいけど、この一点が失敗。

Oriとくらやみの森、がっつり手応えのある横スクロールアクション。
手応えありすぎ。けっこうなアクション技術を要求される。
難しいけどおもしろかった。

ちなみに本体同梱のHALOマスターチーフコレクションは
まださわっていません。
だって1と3と4はすでにやってるんやもん。

そんな2016年でした。
来年は新作長編にてお会いできればと願いつつ、
私は大晦日とか正月とか関係なく執筆を続けます。

ではでは、良いお年を。

2016年3月5日土曜日

週刊文春取材時の話をちょこっとだけ

今週発売の週間文春にインタビューが掲載されているのは
ツイッターで報告しましたが、そのときの反省などを。

当日は、我ながら呆れるほど質問に対しての回答がとっちらかっていて、
びっくりするほどあっちゃこっちゃ行っていたわけですよ。

事前に、
せっかく週刊文春に載るんやからこういうことは言いたい!などと
余計な準備をしていたせいで、
質問に答えなくちゃという意識と、これ言いたいという衝動と、
あかんどんどん脱線してる!という焦りとで、
それはもうしっちゃかめっちゃかで。

そんな中、小説におけるアクション描写の話で、
ついというか、完全なる本音なのですが
「アクションがごちゃっとしている小説は嫌いだ」と
はっきり言っちゃったわけなのです。

せっかく表で喋る機会なんだからもうちょっと言葉を選べばいいのに、
などと思いながらも口をついて出てしまったんだがらしょうがない。

そうしたら、質問者である週刊文春の編集氏は
間髪を入れずどころか語尾にかぶせて「僕もそうです」と。

なんかね。そんな勢いで同意されると思ってもいなかったから、
ちょっと戸惑ってしまって。

でもね、
あとから考えると、あそこでもっと踏みこんだら盛りあがったのになぁと。

結局、どんなに常識人を気取ってあたりさわりのない言葉を並べたって、
俺の正体はこんなんやねんし、
好きなものは好き、嫌いなものはとことんまで嫌いって言うてしまう性格やし、
ゆえに他者からの評価も好き嫌いがはっきり分かれるし、
そういうのは作品にもにじんでいるわけで。

もっと本音で話してもよかったんやなあと。
必要以上に言葉を選んでも、らしくなかったなあと。

もう少し場慣れしていけば、
言うたらあかんことは避けつつ、
いい具合にもっと好き勝手に喋れるようになるんやろか。
あるいは萎縮する?

いずれにせよ、いい経験をさせていただきました。
関係各位に心より感謝申しあげます。
これは言葉を選んでいるわけではなく心から。
媒体に取りあげてもらわないと知ってすらもらえないんやもん。

めちゃめちゃ苦労して書いたから、
一人でも多くの方に手に取って読んでほしいわけです。
それはもう渇望という域で。

現在最ももりあがっている週刊誌に取りあげてもらったことを機に、
今よりもうちょっと認知されればいいなあという本心を最後に記しつつ
土曜の夜なので日本酒を飲みます。

2016年1月18日月曜日

新作「ブレイン・ドレイン」本日発売

と、タイトルで高らかに発売を叫んでいますが、
1/18現在はまだ都心の一部店舗にのみ入荷している状態だと思います。

全国の書店さんには1/19より順次入荷し、売り場に並べられるはずです。

で、新作についてですが、
小説宝石二月号にてエッセイというか宣伝というか、
まあ宣伝なんですが、
そういうものを書かせていただいたことにより、
当ページで何を書こうかなと考えているうち、
本当にずっと考えこんでしまい、
気がつけば発売日を迎えてしまった、と。
忘れていたわけじゃないですよ。
考えていたんですよ、ええ、もちろん。

しかも小説宝石のエッセイも、
エッセイとか宣伝とか言いながら
さほど内容の説明をしておらず、
さほどどころかほとんどしておらず、
結果として「手に取ってください」という一言に終始してしまうありさまで。

自分の作品について書くのは難しいですね。
言い訳じゃないですよ、ええ。

それはそれとして、
次作までの期間が三年ってのは、
時間かかりすぎやね。
ちょっとあかんね。
もうちょっと早く作品を出せるようにせなね。

ということで、
とっとと次の長編に着手します。しています。

書きたいことはいっぱいあるのに、
情報が収集できなくて時間がかかっているのは相変わらず。

ただ、ここのところ一行ごと、一字一句ごとに
考えすぎている傾向があるので、
もうちょっと勢いだけで書き殴っていこうかと、
意識するほど考えこんでしまうという悪循環にはまったりしつつ、
やっぱり書きたくてうずうずしているので
衝動に身を任せて書いています。

具体的なスケジュールはおろか版元も決まっていないし、
まだどこにも企画を持ちこんでいないのですが、
作品の雰囲気が伝えられるところまで書いた時点で
いくつか打診してみようかと。

当ページをご覧いただいている文芸編集者のみなさまにおかれましては、
「面倒なやつが来やがったぞ」という本音は胸に秘めつつ、
生暖かく迎えてください。

ともあれ、
まずは新作「ブレイン・ドレイン」

無事発売となりました。

前作と同じぐらいか、
あるいは前作以上にえぐみが強く、
活字の粘度を高め、ねっとり塗りたくったような作品となりました。

現実を忘れてお楽しみいただければ、
こちらとしても嬉しいです。
ぜひ。